三井不動産がフィリピンに進出

            

Mitsui Fudosan enters Philippine property market
三井不動産がフィリピンに進出

 

ASEANで実績のある三井不動産がフィリピンでの開発を発表

三井不動産が、フィリピンの上場不動産会社であるロックウェル・ランド社と共同で高層住宅の建設をするというプレスリリースが同社のホームページ内で発表されました。アジアでは既にマレーシア、タイ、シンガポール、インドネシアにおいて住宅と商業施設を開発している実績がある三井不動産がフィリピン進出するという事で、フィリピン国内のメディアでも取り上げられ話題になっています。

 

ケソン市で1,706戸の分譲住宅開発

総事業費は日本円で約195億円。マニラ首都圏の最大の行政区であるケソン市で、面積1.8ヘクタールの広大な敷地に、3棟構成で総戸数1,706戸の分譲住宅の建設事業が計画されています。空地率を約80%確保した緑豊かなプランニングが予定され、丘の上に所在する敷地からは優れた眺望も享受できるという事です。さらに、計画地はフィリピン大学・アテネヨ大学・ミリアム大学と3つの名門大学に近接し、病院や高度研究機関が立地し住宅需要が高まっているエリアです。

 

今回三井不動産がフィリピンに進出する理由として、「フィリピンはASEAN諸国の中でも高位安定的に経済成長(2016年GDP成長率6.8%)が見込まれ、中長期的に住宅市場規模の拡大が期待される有望なマーケットです」とコメントがプレスリリース内に記載されています。2014年に人口1億人を突破し、2030年前後には日本の人口を追い抜くだろうとされているフィリピンは、他のASEANと比較をしても人口ボーナス期が長く(2050年まで続く予定)、魅力ある市場とされています。

 

三越伊勢丹ホールディングス(HD)、野村不動産もフィリピンに進出

人口増加と経済成長に支えられた住宅需要を背景に、マニラでは現在数多くの不動産開発が進められています。三井不動産以外でも、三越伊勢丹ホールディングス(HD)、野村不動産が、フィリピンの不動産大手フェデラルランドと合弁会社を設立し、フィリピンで不動産開発を始めるという発表がありました。マニラ首都圏の再開発地区ボニファシオ・グローバル・シティで、商業施設を併設した高層住宅4棟が建設される予定です。

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20170824

 

記事提供:三宅美子(Yoshiko Miyake)

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


マニラに地下鉄誕生か!?

            

ステイジアキャピタルの吉岡です。
私、1月19日から23日までフィリピン・マニラとベトナム・ホーチミンに出張していました。
目的はお客様のご案内と現地マーケットの視察です。
「コンドミニアム所有権外国人への開放」で注目されるベトナムについてのレポートは後日、同僚の三宅よりさせて頂きます。
 
さて、本日はフィリピンの最新情報をお伝えします。
実は私が到着した19日まで、あのローマ法王が国内に滞在し、その5日間は休日となっていたそうです。
カトリック教徒が人口の9割を占めるフィリピンならではですね。
 
つまり、私が滞在中は所謂仕事始めという感じで、それはもう都市部は異常な交通渋滞に見舞われ、
普段なら20分程で移動できるオルティガス〜マカティ間が、2時間かかりました。
トイレを我慢しすぎて、腹痛になったほどです。本当です。


なぜ、フィリピンがこんなに激しい渋滞かと言えば、人口爆発と所得水準の急激な伸びが挙げられるのですが、
やはり交通インフラの整備状況がお粗末という話になるんだろうと思います。
地下鉄はない、幹線道路が少ない、バイパスがない、信号は少ない、
ジープニー(乗合のトラック?)がすぐに止まる、ドライバーが交通ルールを守らない等々です。


そんなタイミングで朗報を耳にしました。それは地下鉄建設が政府に承認されたというニュースです。
官民連携でマカティや近接するグローバルシティ等の都心エリアに地下鉄を通すというもので、
今ステイジアでお勧めしているAIR Residence から徒歩3分程の場所に
Central Post Office駅が計画されているということです。
 
マニラにはMRTはあるものの、都心部と最寄駅まで2キロ程離れていたり、
とにかく利便性の面でイマイチでした。
つまり、いわゆる駅近物件はあまり評価されないという市場でした。
しかし、今回計画されている地下鉄は駅のラインナップを見ると、
こりゃあ便利です。私も早く乗ってみたい。
 
今後、マニラのコンドミニアムを購入される方は、
地下鉄の駅との位置関係を重視されたほうがいいですね。

■□■□■□■海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!■□■□■□■

当社Webサイトでは、マレーシア、アメリカ、イギリス、
タイ、フィリピンetc…各国不動産の情報を、
定期的にお届けしております!是非遊びに来てください。 http://stasiacapital.com/
 
★海外不動産に関するご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください!
 
★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」。詳しくはこちらまで!
 
★随時個別の面談形式でのご相談も承っております。お申込みはこちらから
 
-------------------------------------------------------------------------------------

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


| 1/1PAGES |