タイで下院総選挙実施

            

タイで約5年ぶりに下院総選挙実施

タイでは、3月24日に約5年ぶりとなる下院総選挙が実施されました。2014年5月にタイ王国軍がクーデターを宣言して以降初めての総選挙となり、クーデター以降、これまで政権を握ってきた王国軍からの民政移管が目的とされていましたが、事実上、親軍政政党とクーデター時に政権を掌握していたタクシン元首相派との争いとなりました。

 

親軍政政党が有利

タイの選挙管理委員会が25日に発表したところによると、下院定数500のうち350を占める小選挙区の暫定結果ではタクシン元首相派のタイ貢献党が首位となっています。しかしながら、親軍政政党の国民国家の力党が他政党へ連立交渉を持ち掛けて、軍が政権を維持するという見方が広まります。
連立政党による政権維持が実現した場合は、軍政のプラユット暫定首相が続投する可能性が濃厚となります。

 

タイ地方と都市部との争い

タクシン氏は携帯電話ビジネスで成功、実業家として知られるようになった後、1994年に外相に抜擢されて政界へ進出、1998年に豊富な資金力で現職議員を集めて愛国党を結党すると、2001年の総選挙で政権第1党となり、連立政権を組織して首相となります。

 

タクシン氏が首相就任する前までのタイでは、経済成長を最優先することで貧困を含めた様々な問題の解決を図ろうとする方針のもと、タイ政府がバンコク周辺のインフラ整備を進めて外貨導入・輸出振興策を強化し、都市部や製造業・サービス業は一定の発展を遂げていました。しかしながら、これは農村部・貧困層向けの政策としては不十分で、経済成長による恩恵は社会全体へ行き渡ったと言えませんでした。また、1997年7月のタイバーツ(通貨)暴落に端を発した経済危機により、経済成長率も悪化しています。

 

タクシン氏は、それまで後回しにされてきた農村開発や貧困層支援による所得格差是正政策などを経済政策の目玉として掲げ、農村部・貧困層の支持を獲得して選挙で大勝、政権を獲得するに至りました。政権獲得後の主な政策は「補助金の支給」、「実質的なコメの買い上げ」など貧困層や農村部へのばら撒きと言えるものが多く、恩恵に預かれない都市部の中間層などが反発してデモを起こすと、既得権益を守ろうとする軍部が混乱に乗じてクーデターを起こしました。しかしながら、クーデター後に選挙が実施されるとタクシン派が勝利するため、選挙でタクシン派が勝利、軍部がクーデター、再度選挙が行われるといった流れを繰り返して来ました。

 

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20190327

 

 

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


野村不動産がタイでサービスアパートメント事業に参画を決定

            

Nomura Fudosan decided to join a new hotel and service apartment in Bangkok.
野村不動産がタイでサービスアパートメント事業に参画を決定

 

野村不動産がタイでサービスアパートメント事業に参画

野村不動産は、2017年12月14日のニュースリリースで、現地デベロッパーのOrigin Property社と共同でサービスアパートメント事業へ参画することを発表しました。野村不動産とOrigin Property社とは2017年8月に分譲住宅事業(KNIGHTSBRIDGEシリーズ3棟)でパートナーシップを締結しています。野村不動産にとって今回が国内外を含め初のサービスアパートメント事業進出になりました。

 

プロジェクトはバンコク市内の中でも駐在員などをはじめとする外国人が多く住んでいる事で知られるトンローエリアに建設予定で、高架鉄道(BTS)トンロー駅から徒歩10分の好立地です。日本人はもちろん、欧米人にも人気のトンローエリアで、長期滞在者のニーズを取り込みたい考えです。

 

IHGグループの「Staybridge Suites」ブランドを採用

日本にも進出し有名になっているアスコットやオークウッドなど、ホテルと同様に世界的に知られているサービスアパートメントのブランドはいくつかありますが、今回野村不動産が参画するプロジェクトでは、インターコンチネンタル・ホテルグループ(以下IHG)のブランド「Staybridge Suites」の採用が決定されています。

 

IHGは9000万人以上の会員プログラムを持ち、既に世界100カ国以上で77万室超のホテルとサービスアパートメントを運営する世界最大級のホテルグループです。IHGのサービスアパートメントのブランドである「Staybridge Suites」は、欧米の主要都市を中心に250軒以上が既に展開されています。本プロジェクトで東南アジアに初進出をするという事で、バンコクポストでも“Staybridge Suites to debut in Thailand”というタイトルで取り上げられ話題になっています。

 

JR九州がタイでサービスアパートメント事業を開始

JR九州も、12月にタイのサービスアパートメント事業進出のニュースリリースを発表しました。バンコクの主要エリアのひとつである、スクンビット・アソークエリアで、海外における初の不動産事業として、サービスアパートメント「Somerset Lake Point Bangkok」を取得したということです。

 

同社は今年の5月からバンコクに駐在員事務所を開設し現地調査等を進め、9月には現地法人を設立する方針を発表していました。そして、当初の予定通り年内に物件所有・運営会社としてJR Kyushu Business Development(Thailand)Co., Ltd.を設立し、不動産の取得を完了しました。

 

JR九州は中期経営計画でも九州以外のエリアの事業に挑戦することを掲げており、今回の物件取得を皮切りに、今後東南アジアでの事業を拡大していく予定です。

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20180208

 

 

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


タイでの住宅事業に参入する日系デベロッパーが増加

            

Japanese property firms are expanding their development in Thailand
タイでの住宅事業に参入する日系デベロッパーが増加

 

日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査によると、タイに進出する日系企業が5,000社を超え、5,444社になりました。非製造業の進出が加速しており、3年前の2015年よりも19%増加しているそうです。不動産セクターでも、タイに初進出する企業が相次いでいます。

 

住友林業がタイで初の不動産開発に参画

住友林業株式会社が、タイで初の不動産開発に乗り出すと10月11日のプレスリリースで発表しました。バンコクのトンローエリアで、地上38階建て、約400戸の高級分譲マンションの開発を計画しています。タイ現地のProperty Perfect PCLとGrande Asset Hotels & Property PCL社との共同事業で、総投資額は約150億円を見込んでます。

 

タイは安定的な経済成長が続き、首都バンコクの人口は増加傾向にあります。バンコクの中心部は交通インフラの整備が進んでおり、地下鉄や高架鉄道の駅から近いマンションが人気です。オフィスアワーは特に車が渋滞し移動に時間がかかる事から、近年、公共の交通機関を利用する人々が増えています。住友林業は積極的に米国やオーストラリアの現地企業を買収し海外事業を拡大させていますが、東南アジアでも同社の強みを活かし、事業の拡大を目指してます。

 

JR九州グループがバンコクに現地法人を設立

九州旅客鉄道株式会社(JR九州グループ)は、タイのバンコクに、不動産開発事業等を行う現地法人の設立準備を開始しました。同社は中期経営計画で「九州外エリアへの挑戦」を掲げており、アジアのマーケットでの事業拡大を推進する上でまずは日系企業も多いタイにフォーカスしていくという事です。今年の5月にバンコク事務所を開設して情報収集を続けてきた同社ですが、現地法人の設立(今年の11月を予定)により、早期の事業実現をしていきたいとプレスリリース内で発表してます。

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20171130

 

 

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


共立メンテナンス管理運営決定記念 「ドーミー・レジデンス・シラチャ」 最終分譲セミナー開催いたしました!

            

 

201778日(土)表参道のアイビーホールーーー。

国内トップシェアを誇る共立メンテナンスの寮事業「ドーミー」ブランドが初の海外展開を行う当社自社開発案件「ドーミー・レジデンス・シラチャ」最終分譲セミナーを開催させて頂きました。当日は多くの方に参加いただき、ご参加いただいた皆様、誠に有難うございました。

 

 

 

Dormy Residence Sriracha 物件詳細ページ】

http://stasiacapital.com/stasiaresidence/

 

【Dormy Residence Sriracha 完成イメージ動画】

 

ゲストスピーカーとしてASEANおよびタイのエコノミストである国士舘大学 助川准教授にタイ経済の現状や今後の展望を、株式会社共立メンテナンス 取締役 事業開発本部長 横山博氏には本物件の運営コンセプトを熱くご講演頂き、当社グループ代表 奥村尚樹、取締役 吉岡憲史によるセミナーおよび懇親会という盛りだくさんの内容で、大盛況にて終えることができました。

 

●当社グループ代表 奥村尚樹

「ご挨拶およびASEAN不動産投資の留意点」

 

 

●元ジェトロ海外地域戦略主幹(ASEAN担当) 国士舘大学 助川准教授

「タイ経済の現状と展望〜ASEANの中でのタイと東部経済回廊(EEC)のインパクト〜」

 

 

●株式会社共立メンテナンス 取締役 事業開発本部長 横山博

「海外戦略におけるタイ、シラチャの位置づけと運営コンセプトのご紹介」

 

 

●ステイジアキャピタルジャパン株式会社 取締役 吉岡憲史

「構想から3年!ステイジアキャピタル渾身のサービスアパートメント最終分譲」

 

 

2015年に販売開始いたしました本物件は第一期が完売し、今回のセミナーで販売を開始した最終分譲ユニットも残りわずかとなっております!ご興味、ご質問等ございます方は、下記のお問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。

 

 

Dormy Residence Srirachaに関するお問い合わせ先】

108-0073 東京都三田3-13-12 三田MTビル5F

Phone: 03-6809-3841

E-mail: asia@stasiacapital.com

担当:石黒、湯澤

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


フレイザー社がバンコクでサービスアパートメントをオープン

            


【あの有名サービスアパートメントがバンコクにオープン】

2015年10月27日のThe Business Times Singaporeによると、フレイザー社のサービスアパートメントブランドModenaが2016年にバンコクにオープンします。フレイザー社のサービスアパートメントは、手頃な価格でくつろぎたいというビジネス利用者のニーズに合わせつくられており、今回のタイのオープンで、フレイザーホスピタリティのポートフォリオに239部屋が加わることになりました。



 


続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20151116

 

■□■□■□■海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!■□■□■□■

 

当社Webサイトでは、マレーシア、アメリカ、イギリス、

タイ、フィリピンetc…各国不動産の情報を、

定期的にお届けしております!是非遊びに来てください。 http://stasiacapital.com/

 

★海外不動産に関するご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください!

 

★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」。詳しくはこちらまで!

 

★随時個別の面談形式でのご相談も承っております。お申込みはこちらから

 

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/
 


| 1/3PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

archives

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

海外不動産セミナー

blog ranking

links

profile

others

mobile

qrcode