アメリカの2018年住宅市場予測 パート1

            

US housing market 2018 Predictions Part 1

アメリカの2018年住宅市場予測 パート1

 

米大手住宅情報サイトZillowのチーフエコノミストが、2018年のアメリカの住宅市場で予想される6つの項目をテーマにレポートをリリースしました。Zillowは2010年に設立されたアメリカ(シアトルが本社)の会社ですが、全米各地の物件情報に関して大量のデータを保有しており、市場のリサーチのクオリティも高い事で有名です。

 

Zillowの2018年の予測を理解する上で、世代を表すいくつかのキーワードを知っておく必要があるので、まずはそれらについて触れておきます。

 

ベビーブーマー、ジェネレーションX、そしてミレニアル世代へ

不動産に限らずどのようなアメリカの市場調査レポートを見ても、ベビーブーマー、ジェネレーションX、ミレニアルなどの世代を表すワードがよく使用されています。

 

まずは、全米で多くの割合を占めるベビーブーマー(1946〜1964年生まれ)と呼ばれる世代です。彼らは第二次世界大戦後のベビーブーム時代に生まれ、今の米国を形成する経済や文化の担い手であり、米国の消費をけん引しています。

 

ベビーブーマーの後に登場したのが、ジェネレーションX(1965〜1980年生まれ)と呼ばれる世代です。TV等のメディアからの情報量が増加した時代の影響を受けています。彼らは核家族化が進んだ世の中に生まれ、家族やパートナーに対して、ベビーブーマーよりも執着心が無いと言われています。社会人になってから、好景気と不景気の両方を経験しています。

 

そして、ジェネレーションXの後に生まれたのが、ミレニアル世代(1981〜2000年生まれ)です。ジェネレーションYとも呼ばれているこの世代は、アメリカの総人口のうち4分の1を占める最大の人口群として注目されているそうです。

 

【2018年の予測】

 

1) Inventory shortages will drive the housing market: 
●住宅の供給不足が大きな影響を及ぼす

住宅市場の供給不足は、2018年も引き続き大きな問題になりそうです。アメリカ全体では、1年前とくらべ約12%も住宅在庫が減少しました。さらに、現在マーケットで販売されている物件の半数以上は平均よりの価格の高い高級住宅であるというデータもあり、こうした価格帯の住宅は、はじめて自宅を購入するfirst-time home buyersには手の届かない物件です。

 

2) Builders will turn their focus to entry-level homes: 
●各住宅メーカーは、はじめて自宅を購入する層に向けた商品供給に動き出す

これまで収益性を優先し、比較的高級な住宅を供給してきた住宅メーカーは、今後ミレニアル世代を中心としたfirst-time home buyersの住宅購入ニーズを受け、より安価な価格帯の住宅開発を増やしていく動きが高まるのではないかと予想されています。リーズナブルな物件を探し求める層が増えるにつれ、住宅メーカーはこの需要を無視できなくなるということです。

 

3) Millennials will move to the suburbs: 
●ミレニアル世代は、都市から郊外へ移り住む

住宅メーカー各社が、はじめて自宅を購入する人々でも手が届く価格帯の住宅を開発する際、ビジネスの中心地のある都市エリアは既に土地が高騰しているため、郊外での住宅開発をしていくだろうと予測されています。その結果、郊外で開発された住宅を購入する多くのミレニアル世代は都会を離れ、引っ越しを余儀なくされます。ミレニアル世代は通勤が楽なビジネスの中心エリアに好んで住み、車も所有しない傾向にありますが、はじめての自宅の購入を機に郊外へ移り住み、車も購入してマイカー通勤をする人々が増える予想です。

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20180118

 

 

 

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/