各データから見るイギリスの現状について

            

イギリス政府は、2016年6月に実施した国民投票の結果を受けてEU離脱を決定しました。離脱時期は2019年3月末とされており、その時期が目前に迫ってきました。あくまでも合意の上での離脱を目指すメイ首相と議会との折り合いがつかず、先行き不透明な状況が続いていますが、これまでの間、イギリスの経済・不動産市場へどのような影響が出ているのかをデータから読み解いています。

 

失業率及び平均賃金

調査会社であるTRADINGECONOMICS.COMによると、イギリスの失業率は2013年頃から下がり続けています。2016年6月には5.5%前後であったものの、2018年11月には4%まで下がっています。
また、ガーディアン紙によると、イギリスにおける平均週給は2016年4月以降右肩上がりを続けており、2018年11月には527ポンドとなっています。なお、2016年4月の平均週給は495ポンドです。

 

移民数の推移

イギリスのシンクタンクであるMigration UKの統計によると、2018年にイギリスへ流入してきた移民の数は273,000人でした。なお、2015年がピークで332,000人、2016年は248,000人、2017年は285,000人で推移しています。2015年から2016年にかけては約100,000人減りましたが、2017年にはまた増加しており、ここ数年の間、増減を繰り返している結果となります。

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20190225

 

 

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/