アメリカにおける自動車メーカーの動向

            

Rust Belt(ラストベルト)と呼ばれる工業地帯

アメリカでは、北東部にラストベルトと呼ばれる工業地帯があります。この地域ではアメリカにおける重工業と製造業が多く集積しており、工業地帯が多数存在します。当該地域に含まれるのは以下のエリアです。
インディアナ州・オハイオ州北部・ミシガン州デトロイト周辺・ウィスコンシン州ミルウォーキー周辺・イリノイ州北東部・ニューヨーク州バッファロー周辺・ペンシルバニア州など

 

製造拠点の南部へのシフトと北部における工業の衰退

当該地域では、ペンシルバニア州や近隣のテネシー州などで石炭が産出することから重工業が発展し、またデトロイトを中心として自動車産業などが発展していました。しかしながら、1970年代に入ってから貿易の自由化や製造業を外部委託する動きなどが加速していき、次第に工業の拠点は南部へとシフトして行きました。
ミシガン州・オハイオ州では自動車産業の従事者が2000年以降減少していったのに対し、アメリカ南部のアラバマ州では2000年以降従事者が増加しています。アラバマ州では計画的な税金優遇措置を実施して海外自動車メーカーの誘致に力を入れており、昨年1月にはトヨタとマツダが合弁組み立て工場の建設を決定し、年間4,000人の従業員を雇用すると発表しました。2021年の工場完成が予定されているそうです。

結果的に、北部の工業地帯では産業構造そのものが変化を見せ始め、それまでの製造業や重工業などからサービス業が産業の中心となっていきました。特に、デトロイトにおける自動車産業の衰退は世に知れ渡るところとなりましたが、閉鎖する工場などが増えていき、当該地域はRust Belt(=錆びついた地帯)と呼ばれるようになりました。

 

 

続きは、ステイジアキャピタルホームページにてご覧ください!

http://stasiacapital.com/market/20190415

海外不動産のご相談なら、ステイジアキャピタルへ!
当社Webサイトでは各国情報を定期的にお届けしております!

http://stasiacapital.com


★海外不動産に関するご質問や個別の面談形式でのご相談も承っております。
http://stasiacapital.com/contact/


★定期的に開催中!特選「海外不動産セミナー」
http://stasiacapital.com/seminar/